美容科の看護師はきれいなだけじゃダメ!

美容科で働く看護師の特徴として、何となくどの看護師もきれいで、
生き生きと仕事をしている人が多いというものがあります。

 

美容科には美しさを求めて来院される患者さんが多いために、
美意識が低く、自分磨きを怠っている看護師は不向きとなります。

 

 

トップモデルのように美しい人ということではなく、
「この人きれい」と憧れを持ってもらえるような看護師であれば、
患者さんも「あんな風になれるのかな」と感じますよね。

 

そして、そんな看護師からキレイになるための施術を案内されれば、
「やっぱりこの看護師さんみたいになれるなら受けたいな」と感じることにも繋がります。

 

 

もちろん、キレイというだけでは美容科の看護師が務まるわけではありませんよね。
容姿がキレイというだけではなく、
立ち振る舞いから感じ取れるキレイさというものもあります。

 

言葉遣いもとても大切ですよね。

 

 

「点滴しますから腕まくりをして手をおいてください」と言うのではなく、
「点滴を行いますので、こちらに手を置いていただけますか」というように、
敬語もしっかり使って対応できるかどうかは重要です。

 

美容科では、容姿や立ち振る舞い、マナーなどなど、
様々な判断材料のもとで採用が決定されるんですね。

 

 

 

■美容科は日曜日も出勤しなくちゃダメ?!

 

病院に勤務する看護師の多くは、
いつ休みになるのかシフトが決まらないと分からないという
不確定な休日設定になっていることが多くなります。

 

外来の場合、日曜日や祝日には休診日で休みとなりますし、
地域のクリニックなどでも、水曜日や木曜日、
日曜日が休みになることが多くなります。

 

 

では、美容科の場合には、休日はどのようになるのでしょうか。
土日が出勤となり、木曜日が休診日で休み、
もう一日はシフトによって休みというようになることがあります。

 

夜勤がない仕事ですので人気がある職場なのですが、
日曜日は開院しているために出勤が必要となることが多いこともあるんですよ。

 

 

クリニックなのに、日曜日や祝日などに開院している理由はなんなのでしょうか。
美容科は、決して緊急性があるような患者さんが来院されることはありません。

 

ですが、美しくなりたいという希望があるものの、
平日はどうしても仕事などで休めず、
休日しか来院できないという患者さんもおられます
よね。

 

 

そのようなことが理由となっているんです。
美容科の場合、身体の不調などを治すということではなく、
医療技術を駆使したサービス業という側面が強くなっています。

 

そのため、患者さんが希望する日に開院する必要があるんですね。

 

 

 

■美容系のクリニックが人気の理由とは

 

看護師の勤務先として、美容外科や美容皮膚科といったような、
美容系のクリニックが人気になってきています。

 

美を求める人が増えていますので、
美容系クリニックでの求人も増えているんですよ。

 

 

いくら求人があっても、他の求人の方が魅力的であるならば、
人気の職場とはなりませんよね。

 

となると、美容科にはそれほど人気となる理由があるということになります。

 

 

まず、美容系のクリニックでは、福利厚生がしっかりしているという点があります。
自由診療となっていることが多い美容系のクリニックでは、
スタッフに支払う給料なども高く、待遇も良いという特徴があるんですね。

 

クリニックが得た収入をスタッフに還元する福利厚生が整っているというのは、
とても嬉しい事だと思います。

 

 

勤務自体も夜勤がないシフトとなっていますし、
休日のオンコールも基本的にはありません。

 

有給休暇も取得しやすいという特徴がありますよ。
プライベートを確保しつつ勤務することが出来るんですね。

 

 

ただ、美容系のクリニックによっても勤務内容は異なりますし、
働いているスタッフの数や経営状況などは大きな差があります。

 

美容系のクリニックで勤務したい場合には、その職場がどのような職場であるのか、
実際に働いている人はどのように感じているのか等、
しっかり確認する必要があります。

 

 

美容系のクリニックと言っても、
美容外科と美容皮膚科によっても仕事内容が異なりますよ。

 

せっかく勤務するのであれば長く勤務した方がいいですし、
自分に合った職場を選びたいところです。

 

 

 

■美容科は少人数で利点も多い職場です

 

総合病院や大学病院などに勤務していると、物凄い数の人が居て、
話をしたことが無いようなスタッフもいるということはよくありますよね。

 

同じ病院に勤務しているのに、病棟が違うだけで全く出会うことが無い人もいます。

 

 

それに対し、クリニックは少ない人数で仕事をしていきますので、
職場環境はアットホームな雰囲気となり、
ひとりひとりとしっかりした人間関係を築く事ができるんです。

 

来院される患者さんの数も、
病院の規模が小さければ、その分少なくなりますよね。

 

 

一人一人の患者さんに対し、じっくり向き合うことが出来ます。
ただ、患者さん全てが自分にとって対応しやすい人ばかりではありませんよね。

 

中には苦手に感じる方や、あまりにも美意識が高すぎる方もおられます。
苦手な方にも笑顔で対応していくだけの、
コミュニケーションスキルや接客スキルはとても大切になりますよ。

 

 

美容科の診療は、大きな病院よりはクリニックなどで経営されていることが多く、
数人の医師と少数の看護師で仕事をすることが多くなります。

 

全員が一丸となってクリニックを運営していくという
チームワークを持った医療を行う事が出来、
少人数で対応できない人数の患者さんの対応というのは、基本的にはないんですね。

 

 

比較的余裕をもった状態で勤務することができる上に、
自分が担当する患者さんがきれいになる様子をみることもできます。
このように、利点もとても多い職場なんですよ。